一人暮らしを始める為の基礎知識 一人暮らしのテクニック お部屋探しのテクニック
一人暮らしを始める為の基礎知識
部屋を借りる時 何にどれくらいお金がかかる?

引っ越しをする際にまず考えなければならないのは、当然ながら家賃のことです。部屋を借りる際には、家主に敷金・礼金(敷金が家賃1から2ヵ月分、礼金が家賃2ヵ月~5ヵ月分)と、入居1ヶ月目の家賃を「前家賃」として支払うのが一般的です。 また、仲介してくれた不動産会社には「仲介手数料」として家賃1ヶ月分を支払います。その他にも住宅総合保険への加入が必要な場合には、 所定の保険料を支払わなければなりません。

敷金・礼金・管理費とは?

部屋を借りる際に必要となる「敷金・礼金」そして家賃とともに払う「管理費」とはどのようなものなのかご存知でしょうか?家賃だけで賃貸物件を借りることはできません。一人暮らしを考えている学生の方は、それぞれにどのような意味があるのか覚えておきましょう。

敷金

敷金は「保証金」とも呼ばれ、滞納家賃や損害賠償の費用を保証するものです。契約時に家主に預けることになっており、退去時に家賃の滞納や破損箇所があれば、修理に使用した分を差し引いて返還されます。敷引(解約引き)が設定されている場合は敷金からその金額(敷引金、解約金)が差し引かれた残りが返ってきます。

礼金

礼金は家主に対する謝礼の意味で支払われるお金です。こちらは敷金とは異なり、返還されることはありません。

管理費

管理費とは、清掃を始めとした建物の維持管理に必要な費用のことです。一般的に管理費は家賃と一緒に毎月支払うことになっています。

一人暮らしにかかる費用とは?

ここでは、一人暮らしに
必要となる1ヶ月分の費用を
具体的にご紹介します。
一人暮らしを考えている学生
の方は、これを参考にして
お金のやりくりの計画を立
ててみましょう。

・家賃・管理費
・光熱費(電気・ガス・水道代)
・電気代:2,000~5,000円
・ガス代:2,000~3,000円
・水道代:2,000円前後
・通信費(電話代・インターネット利用料など)
・携帯電話代
・インターネット利用料:5,000円前後
・食費:30,000~60,000円
・交際費(遊び代)
・その他(貯金など)

一人暮らしのテクニック
部屋作りのポイント

賃貸物件を借りて一人暮らしを始めるならば、部屋作りにはこだわりたいものですね。ここでご紹介するポイント を踏まえて、「自分だけの空間」を作り上げましょう!

頭の中でしっかりイメージ!

まずは部屋の広さや家具のサイズをしっかりと測って、頭の中でイメージしてみましょう。お気に入りの家具な のに「サイズが合わなくて部屋に入らない」なんてことになったらショックですよね。新居に家具を運び込む前 に、まずレイアウトをイメージすることが重要です。また、コンセントの位置や数を事前にチェックすることで 、電化製品の置き場所もスムーズに決まります。

キャスター付き、折りたたみ式の家具を!

部屋のインテリアが常に同じでは飽きてしまいますよね。そんな時の模様替えや将来の引っ越しのことを考慮し て、家具は動かせるものを選びましょう。キャスター付きの棚や折りたたみ式の机など、部屋の形状に縛られな いフレキシブルなものを選ぶと重宝します。 ※床に傷つけると退去時に請求の対象になります。注意しましょう。

部屋を広く見せるポイント!

カーテンと壁紙の色合いが合っていなかったり、家具の高さがバラバラだったりすると、部屋は狭く見えてしま うもの。空間を広く見せるためには、部屋全体の色調を合わせたり、家具の高さも低く抑えたりするのが有効で す。そこでおすすめなのが、フリーシェルフなどの「見せる」収納家具。部屋を広く見せてくれる上に、本やCD ・MD、お気に入りの小物を使って自分なりの演出を楽しむことができます。

空きスペースを収納に!

カーテンと壁紙の色合いが合っていなかったり、家具の高さがバラバラだったりすると、部屋は狭く見えてしま うもの。空間を広く見せるためには、部屋全体の色調を合わせたり、家具の高さも低く抑えたりするのが有効で す。そこでおすすめなのが、フリーシェルフなどの「見せる」収納家具。部屋を広く見せてくれる上に、本やCD ・MD、お気に入りの小物を使って自分なりの演出を楽しむことができます。

「見せるもの」と「隠すもの」

収納をする際に考えるべきなのは、「見せても良いものはどれで、隠すべきものは何なのか」ということ。 しかし、この基準はまさに十人十色です。「趣味・好み」のものは人から見えるように配置し、「実用品」は隠す、という人が多いようです。

一人暮らしの節約法

一人暮らしをするのなら、節約を心がけた生活が必須です。
ここでは節約をするための豆知識を紹介していきます。

使ったお金を把握

節約をするためには、まず自分が1ヶ月にどれだけのお金を使っているのか把握しておく必要があります。簡単なものでかまわないので、家計簿をつけるクセをつけましょう。買い物をする時には必ずレシートをもらい、毎日金額をチェックするだけでも節約しようという気持ちが出てくるはずです。多少なら間違っていてもかまわないので、毎日チェックすることが節約成功のコツです。

1日に使う金額を決める

家計簿をつけ始めると、自分が1日にどれだけのお金を使っているのかがわかるようになります。それを元にして、改めて1日に使う金額を設定しましょう。普段自分が使っている金額よりも少しだけ少ない額に設定して、達成しやすくすることが節約成功、そして持続のコツです。

お部屋探しのテクニック
不動産業者と仲良くなろう!

初めて部屋探しをする人が失敗してしまう原因として、何でも自分だけでやってしまおうとすることが挙げ られます。当然の話ですが、素人の選択がプロより正しいということは、あまりありません。 実際には条件に合う賃貸物件探しも、賃貸物件の下見手配も、契約の手続きを進めるのも不動産業者が手伝 ってくれているのです。 条件に合った良い部屋を求めるのであれば、担当者とよく話し合い、仲良くなることが1番です。もしかし たら、情報誌に載る前の新物件を真っ先に紹介してくれるかもしれませんよ。

優先順位を考える

まずは、予算内でどんな物件を選んでどんな生活がしたいのかを考えましょ う。旅行をするにも予算や目的によってコースが変わるように、部屋選びも 予算や目的によって選択肢は変わります。部屋の間取りや広さを最初に考え てしまう人もいますが、それだけでは不十分です。 まずは「自分が何にこだわっているのか」を考えて優先順位を付けることを おすすめします。

下見の重要チェックポイント

陽当たり

間取り図で南向きベランダであったとしても、必ずしも陽当たりが良いとは限りません。日照を確かめるには、天気の良い昼間に下見に行くべきでしょう。

収納スペ-ス

もしワンル-ムの部屋を考えているならば、広い収納スペ-スの有無を確認しましょう。使用する家具が部屋に収まるかどうかを自分のライフスタイルに合わせて確かめましょう。

コンロの種類

一般的にはガスか電気のどちらかになります。どちらがより自分のライフスタイルに合うのかを考えて選びましょう。

コンセントの数と位置

パソコンを始めとする電化製品を数多く使用する人は、それなりのコンセントの数が必要になります。コンセントの位置は部屋のレイアウトにも直結しますので、必ずチェックしましょう。

周辺環境

ス-パ-やコンビニは?騒音は?治安は?実際に物件の近隣を散策してみるのも良いでしょう。

携帯の電波

せっかく良い部屋を借りることができても、携帯の電波が届かなくては論外です。部屋によっては電波が圏外になることもありますので、下見の際には必ずチェックしましょう。

Flat 関大前周辺の賃貸物件はFlatにお任せ!!